Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

日本企業が採用すべき世界標準「Bコープ認証」とは

世界標準「Bコープ認証」

世界標準「Bコープ認証」をご存じですか?

「Bコープ認証」はESG投資家に向けて日本企業がぜひ採用すべき認証制度だと思います。

特に、IR担当者が以下のような状況に置かれている場合には利用価値が高いと思われます。

現状:

  • これまでのIRのやり方からなかなか脱却できない。
  • 今までと違うトライアルをしてみたい
  • 証券会社IR支援を頼りにしているが最近あまり面倒を見てくれない
  • 新規の投資家のアクセスがなかなか増えないお薦めする

理由:

  • SDGsの17の開発目標と、B corp認証で計られるB Impact Assesment(Bインパクトアセスメント)の項目は多くの点で合致するため企業が掲げるSDGsとの親和性が高い
  • 日本企業で採用しているのはまだ少数のみ。より早く採り入れることで投資家へのアピールだけでなく企業ブランディングにも役立つ
  • グローバルでも従業員250人以下の企業が多く認証を取得。

特にアジアでは急速に認知度が上がっている4月からのプライム移行を前に、どこからテを付けたらよいかわからず膨大なお金を払ってコンサル会社に相談する企業も多いと聞いています。

大金をコンサル料に投入する前にBコープ認証取得や、英文開示資料の充実など、様々な施策で投資家へのアピールは可能だと考えます。

一消費者としてもBコープ認証の商品を積極的に買って行きたいと思います。
(大石)

【ご参考リンク】大気中の炭素からダイヤモンドを生成するD2C企業がBコープ認証取得
出所:WWD

世界標準「B Corp」を知っていますか アジアで広がる「良い会社」認証
出所:GLOBE+

ダノン、「Bコープ認証」で若者取り込む 社会へのインパクトを見える化
出所:日経ESG

B corp認証とは?取得方法・メリット・SDGsとの関係を解説
出所:SDGsメディア

ミッション・パートナーシップ
Your IR is our mission.
Disclaimer
ディスクレイマー

IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスは、情報提供のみを⽬的としております。投資(証券、ファンドユニットまたは金融商品)の公募または購入の勧誘・推奨を構成するものではありません。IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスに記載されたデータの信憑性や解釈については、明⽰された場合と黙⽰の場合の両⽅につき、⼀切の保証を⾏わないものとします。IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの使⽤により発⽣した損害について⼀切の責任を負いません。 IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの著作権、ならびにIR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの利⽤についての権利は、IR STUDIO®︎ に帰属します。IR STUDIO®︎提供のレポート及び関連するサービスは、個⼈⽬的の使⽤においては複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利⽤は本レポートの著作権侵害に該当し、固く禁じられています。IR STUDIO®︎に関連する役員及びアライアンス・パートナーは、IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスで対象としている企業の発⾏する有価証券に関して何らかの取引を⾏っており、または将来⾏う可能性があります。そのため、IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの役員及びアライアンス・パートナーは、該当企業に対し、弊社レポートの客観性に影響を与えうる利害を有する可能性があることにご留意ください。

IR STUDIO © 2022. All Rights Reserved.