Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

動画のパワーをIRに

2022年の海外IRもコロナの影響を受け、IRに動画を採り入れる日本が増えています。

文字と比較したときに動画の情報量は圧倒的です。

アメリカの調査会社Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士の2014年4月の研究結果によると「1分間の動画から伝わる情報量は、文字に換算すると180万語になる」そうです。コロナで外食を控える人の間でニーズが増えたのが料理のYouTube動画だそうです。

料理本よりも直観的に料理の手順が頭に入ります。いかに人間が視覚に頼って情報処理しているかを実感します。

IRのコミュニケーションにも、これから益々動画を採り入れる時代に入ったと実感しています。経営陣が説明会資料読み上げる説明会の動画を良く見受けますが、個人的には日本語の動画に字幕を付けてもあまり意味が無いのではと思っています。

外国人投資家に対しては決算資料を読み上げるというスタイルのコミュニケーションではおそらく「響かない」と考えています。

ではどんなコミュニケーションなら注目をしてもらえるのでしょうか。

ミッション・パートナーシップ
Your IR is our mission.
Disclaimer
ディスクレイマー

IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスは、情報提供のみを⽬的としております。投資(証券、ファンドユニットまたは金融商品)の公募または購入の勧誘・推奨を構成するものではありません。IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスに記載されたデータの信憑性や解釈については、明⽰された場合と黙⽰の場合の両⽅につき、⼀切の保証を⾏わないものとします。IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの使⽤により発⽣した損害について⼀切の責任を負いません。 IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの著作権、ならびにIR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの利⽤についての権利は、IR STUDIO®︎ に帰属します。IR STUDIO®︎提供のレポート及び関連するサービスは、個⼈⽬的の使⽤においては複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利⽤は本レポートの著作権侵害に該当し、固く禁じられています。IR STUDIO®︎に関連する役員及びアライアンス・パートナーは、IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスで対象としている企業の発⾏する有価証券に関して何らかの取引を⾏っており、または将来⾏う可能性があります。そのため、IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの役員及びアライアンス・パートナーは、該当企業に対し、弊社レポートの客観性に影響を与えうる利害を有する可能性があることにご留意ください。

IR STUDIO © 2022. All Rights Reserved.