Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

今の時代に求められるIR担当者とは?(2)

アクティビストの目線で自社事業の分析ができるIRO

前回、「今の時代に求められるIR担当者」についてHBR(ハーバードビジネスレビュー)の記事を紹介しました。

その中で特に注目したいのは

4. Sounding the alarm

つまりアクティビストを始めとする投資家の動きを察知するスキルです。

記事の中ではこのように述べています。

「 IROs must be able to master analytical models as well as white papers written by activists that argue for an alternative business portfolio scenario for the company.」

つまり投資家の分析モデルの理解はもとより、普段からアクティビストの白書などを読み込んでいていること。

出所:アイ・アールジャパン
注:20年は6月22日時点

自社の事業ポートフォリオに投資家から「物言い」が入った場合、どのような代案を出せるかをあらかじめ経営陣とディスカッションしておくこと、は備えになるのではないでしょうか。

コロナ渦でアクティビスト活動が活発化する中、常に投資家と繋がり、経営陣に早期に警鐘を鳴らす「ゲートキーパー」役ができるIROの居る企業といない企業の違いは大きいと思います。

「アクティビストの株主提案が過去最高に、コロナ禍でも活動の手緩めず」
出典:ブルームバー

ミッション・パートナーシップ
Your IR is our mission.
Disclaimer
ディスクレイマー

IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスは、情報提供のみを⽬的としております。投資(証券、ファンドユニットまたは金融商品)の公募または購入の勧誘・推奨を構成するものではありません。IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスに記載されたデータの信憑性や解釈については、明⽰された場合と黙⽰の場合の両⽅につき、⼀切の保証を⾏わないものとします。IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの使⽤により発⽣した損害について⼀切の責任を負いません。 IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの著作権、ならびにIR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの利⽤についての権利は、IR STUDIO®︎ に帰属します。IR STUDIO®︎提供のレポート及び関連するサービスは、個⼈⽬的の使⽤においては複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利⽤は本レポートの著作権侵害に該当し、固く禁じられています。IR STUDIO®︎に関連する役員及びアライアンス・パートナーは、IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスで対象としている企業の発⾏する有価証券に関して何らかの取引を⾏っており、または将来⾏う可能性があります。そのため、IR STUDIO®︎ 提供のレポート及び関連するサービスの役員及びアライアンス・パートナーは、該当企業に対し、弊社レポートの客観性に影響を与えうる利害を有する可能性があることにご留意ください。

IR STUDIO © 2022. All Rights Reserved.